歯科ノミクスが日本を救う|One Person~一人の歯科医師~①

著書出版に寄せてのご挨拶

私は、日本を救うのは、長寿という等しく国民が願う願望、課題の達成の結果皮肉にも日本経済の最大の圧迫要因となってる医療費の削減をいかにスマートに実行できるかにかかっていると確信しております。 経済活性化による税収増に頼るアベノミクスの手法では今日のグローバル化した世界においては確実性を欠くからです。

医療費の問題は医療がわかっている我々医療人にしか解決策は提示できないと思っています。 拙著で私が提唱している「無病国家」の概念は、我が国が国民の共通目標として目指し、その成功結果を世界に向けて発信すべき国家テーマであると認識しております。

「無病国家」を目指すことで医療界はより国民全員の日常を支える基幹業界として規模的にも、地位的にもその存在を大きくしていきます。 それを達成するには「病気が無くなれば職がなくなる」といったケチな考えを医療界が捨て、「国家国民を支えるために医療界はいかにあるべきか」に意思を集約しなけてばなりません。

日本の窮状を打開し、未来に導けるのは、そういった医療界の目覚めをおいては達成し得ないと思っています。 日本を救えるのは医療界です。そういう思いで拙著を上梓いたしました。

拙著がより多くの人々に読まれてこの考えの輪が広がり、社会を動かすムーブメントに発展し、この国の未来に貢献出来るようになる事を願っております。

桜桃歯科院長 上田裕康

私は、日本を救うのは、長寿という等しく国民が願う願望、課題の達成の結果皮肉にも日本経済の最大の圧迫要因となってる医療費の削減をいかにスマートに実行できるかにかかっていると確信しております。

経済活性化による税収増に頼るアベノミクスの手法では今日のグローバル化した世界においては確実性を欠くからです。

医療費の問題は医療がわかっている我々医療人にしか解決策は提示できないと思っています。 拙著で私が提唱している「無病国家」の概念は、我が国が国民の共通目標として目指し、その成功結果を世界に向けて発信すべき国家テーマであると認識しております。

「無病国家」を目指すことで医療界はより国民全員の日常を支える基幹業界として規模的にも、地位的にもその存在を大きくしていきます。

それを達成するには「病気が無くなれば職がなくなる」といったケチな考えを医療界が捨て、「国家国民を支えるために医療界はいかにあるべきか」に意思を集約しなけてばなりません。

日本の窮状を打開し、未来に導けるのは、そういった医療界の目覚めをおいては達成し得ないと思っています。 日本を救えるのは医療界です。そういう思いで拙著を上梓いたしました。

拙著がより多くの人々に読まれてこの考えの輪が広がり、社会を動かすムーブメントに発展し、この国の未来に貢献出来るようになる事を願っております。

桜桃歯科院長 上田裕康

本著の紹介のご紹介

岐阜県の地方都市で診療台5台、従業員数8名の中規模歯科医院ながら年間1,000本のインプラント施術を行うカリスマ歯科医師が歯科医療を通して描く日本再生のシナリオ。
アベノミクスとは別の手法で日本再生の道筋を提示する本書は極めてユニークで斬新な国家論でもある。
また本著の根底を流れる力強い倫理観、普遍的な真実性を伴った社会観は、日本国民のバイブルともなりえる力を秘めている。

お求めは各書店、amazonにて好評発売中!

お求めは各書店、amazonにて好評発売中!

7件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.9

著者は勇気のある方だ。

投稿者 Amazon カスタマー 2017年2月6日

現役の歯科医でありながら、医療界の問題点をズバリ告発している。これらの事は医療界にいる人しかわからないことで普通は業界の安定のために隠そうとするまさに「不都合な真実」だ。それを著者は、日本の将来にために告発し、それだけでなくそれを乗り越えた未来の姿まで具体的な方法と共に提示している。 「無病国家」「治したい医者は残れ、儲けたい医者はされ」といった鮮烈な言葉は感動的で、この書を「ジハード」と言う著者の意気込みを感じさせる。私は引退した医療人だが、それだけに強く本書の訴えには共鳴する。本書が多くの人々に読まれて、強固な岩盤業界である医療界を国民の力で変え、より良い医療界に導く事を願っている。

素晴らしい

投稿者 RMT 2017年2月4日

日本人として、我々が考えて行かなければならない未来について、真剣に向き合える本です。1人の人間として刺激を受けました。

< src="images/m5.png">

素晴らしい本でした!

投稿者 古川勝一朗 2017年2月6日

全国でトップクラスのインプラント実績を上げている歯科医院長さんの本です。「平均寿命と健康寿命」、「歯を守ることと治すこと」の大切さ、そこからいかに人生の豊かに繋がるか、さらに一人ひとりが豊かになることでいかに日本全体の豊かさに繋がるかを深く考えさせてもらいました。

素直に素敵な本

投稿者 Amazon カスタマー 2017年2月3日

素直にこの本いい本だと思った。みんなに読んで欲しいと思った。1人の歯科医が聖戦とまで称して発信したかった事、大袈裟かもしれませんがこの本を通じて自分も何か日本の為に出来るのではないか...。そんな気になりました。んー、みんなに読んで欲しい...!。

我々日本のすすむべき道は?

投稿者 Amazon カスタマー 2017年2月3日

日本が目指す医療の在り方や我々日本人のあるべき姿を改めて考えなおすきっかけとなる本だと思います。そして歯科医療の重要性についても分かり易く書かれています。現役の歯科医師だからこそ説得力があり、非常に興味深く読める一冊。

お堅い政治論と思いきや…

投稿者 J-chan 2017年2月3日

歯科医師の視点で、私たちが暮らす現状の日本、そしてこれから向かうべき日本の姿が書かれており、理解しやすく楽しく読めました。とても共感できる内容で、多くの方にも手にとって読んでもらいたい一冊です。

一読の価値あり

投稿者 Amazon カスタマー 2017年2月2日

この本は、タイトルにひかれて購入しました。著者である現役歯科医師が、歯科医療を通じて医師の視点から医療費削減問題などに切り込んだ非常にユニークで斬新な日本再生のシナリオです。わかりやすく簡潔にまとめられています。一読の価値あり。1時間程度で読み終えました。

お求めは各書店、amazonにて好評発売中!

7件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.9

著者は勇気のある方だ。

投稿者 Amazon カスタマー 2017年2月6日

現役の歯科医でありながら、医療界の問題点をズバリ告発している。これらの事は医療界にいる人しかわからないことで普通は業界の安定のために隠そうとするまさに「不都合な真実」だ。それを著者は、日本の将来にために告発し、それだけでなくそれを乗り越えた未来の姿まで具体的な方法と共に提示している。 「無病国家」「治したい医者は残れ、儲けたい医者はされ」といった鮮烈な言葉は感動的で、この書を「ジハード」と言う著者の意気込みを感じさせる。私は引退した医療人だが、それだけに強く本書の訴えには共鳴する。本書が多くの人々に読まれて、強固な岩盤業界である医療界を国民の力で変え、より良い医療界に導く事を願っている。

素晴らしい

投稿者 RMT 2017年2月4日

日本人として、我々が考えて行かなければならない未来について、真剣に向き合える本です。1人の人間として刺激を受けました。

素晴らしい本でした!

投稿者 古川勝一朗 2017年2月6日

全国でトップクラスのインプラント実績を上げている歯科医院長さんの本です。「平均寿命と健康寿命」、「歯を守ることと治すこと」の大切さ、そこからいかに人生の豊かに繋がるか、さらに一人ひとりが豊かになることでいかに日本全体の豊かさに繋がるかを深く考えさせてもらいました。

素直に素敵な本

投稿者 Amazon カスタマー 2017年2月3日

素直にこの本いい本だと思った。みんなに読んで欲しいと思った。1人の歯科医が聖戦とまで称して発信したかった事、大袈裟かもしれませんがこの本を通じて自分も何か日本の為に出来るのではないか...。そんな気になりました。んー、みんなに読んで欲しい...!。

我々日本のすすむべき道は?

投稿者 Amazon カスタマー 2017年2月3日

日本が目指す医療の在り方や我々日本人のあるべき姿を改めて考えなおすきっかけとなる本だと思います。そして歯科医療の重要性についても分かり易く書かれています。現役の歯科医師だからこそ説得力があり、非常に興味深く読める一冊。

お堅い政治論と思いきや…

投稿者 J-chan 2017年2月3日

歯科医師の視点で、私たちが暮らす現状の日本、そしてこれから向かうべき日本の姿が書かれており、理解しやすく楽しく読めました。とても共感できる内容で、多くの方にも手にとって読んでもらいたい一冊です。

一読の価値あり

投稿者 Amazon カスタマー 2017年2月2日

この本は、タイトルにひかれて購入しました。著者である現役歯科医師が、歯科医療を通じて医師の視点から医療費削減問題などに切り込んだ非常にユニークで斬新な日本再生のシナリオです。わかりやすく簡潔にまとめられています。一読の価値あり。1時間程度で読み終えました。

お求めは各書店、amazonにて好評発売中!

本著の紹介動画はこちら

お求めは各書店、amazonにて好評発売中!

お求めは各書店、amazonにて好評発売中!

新聞にも取り上げられました。

メディア掲載実績

著者のご紹介

著者の活動のご紹介